空宙空地(クウ チュウ クウ チ)おぐりまさこ・関戸哲也による、名古屋を拠点に活動する演劇カンパニー。更新;2017.8.24

4都市ツアープレスリリースをアップしました。

TOP > 空宙空地WEB > 空宙空地とは

空宙空地とは

関戸哲也×おぐりまさこのクリエイターユニット。
「笑っちゃうほど滑稽で、泣いちゃうぐらい いとおしい。」
をテーマに、オトナの本気で描くヒューマンコメディ。

「とにかく生きる」人たちの必死な姿をシンプルに、かつ可笑しくせつなく、独特の速さの展開で描くヒリヒリしたジェットコースターヒューマンコメディを軸にした作品を以って、地元名古屋だけでなく、津・大阪・札幌・福岡など、急激に活動範囲を広げている。劇場や飲食店、様々な場所で、その空間に合わせた作品をライブ上演する。
第5回本公演「轟音、つぶやくよう うたう、うたう彼女は」名古屋市民芸術祭2016にて芸術祭特別賞を受賞。

       おぐりまさこ

空宙空地代表。俳優、演出家、劇作家。
2001年より俳優・制作として活動。2014年までの出演舞台は40本強。ブリッジープロモーション所属タレントとしてCM、ドラマ、映画などにも出演、高校演劇審査員なども務める。主には舞台俳優・劇作家・演出家として名古屋を拠点に活動。自・他団体の宣伝美術・映像製作・音響製作も手がけ、主体である俳優業だけでなく劇作・演出もその評価を伸ばし、総合的クリエイターとして活動中。一人芝居『ライト』『如水』では俳優としてその完成度に評価を得て、全国各地での上演につながっている。


       関戸哲也

空宙空地所属。スクイジーズ代表。劇作家・演出家・俳優。
愛知県を拠点に活動。専門学校でも講師を務め、タレント事務所のプロデュース公演や全国巡演の有名紙芝居集団に作品を提供するなど幅広く活動。
テンポの速い言葉の応酬やリフレインを操り、巧妙に張り巡らされた伏線でラストまで心を掴み続ける、ドライブ感満載の会話劇で劇作・演出・俳優共に人気を博している。
多数の舞台出演では必ず心に残る演技で観客を魅了する。名古屋を代表する舞台俳優総勢33名と精鋭スタッフ陣で創られた七ツ寺共同スタジオ40周年記念公演七ツ寺プロデュース第18弾『東京アパッチ族』(2012年9月)では主役に抜擢されるなど、俳優としての技術・実力や魅力は有識な舞台人からも折り紙つき。